ほうれい線の取り方紹介!取れない人におすすめの方法

ほうれい線の取り方紹介!取れない人におすすめの方法

ほうれい線の取り方紹介!取れない人におすすめの方法

 

 

・ほうれい線がとれない原因

 

ほうれい線を取るためにいろいろな努力をしているつもりだけど、全然とれないということで悩んでいる人はたくさんいると思います。

 

ほうれい線がとれないという人のなかには、世間でおすすめと言われているほうれい線を取る方法、取り方を実践している人も多いと思いますが、やり方を間違ってしまうと逆効果となってしまうので注意が必要です。

 

例えば、ほうれい線をとるためにマッサージをしている人も多いと思いますが、自己流のマッサージは注意が必要です。

 

マッサージをすること自体は血流やリンパの流れもよくなって、顔の肌や筋肉にしっかりと栄養素が行き届きやすくなったり、老廃物が体外へきちんと排出されやすくなる効果が期待できるので、ほうれい線を取る方法、取り方としても非常におすすめですし、自分でやればお金もかかりませんよね。

 

しかし、間違ったやり方でマッサージしてしまうと、思うような効果を得ることができないだけではなく、逆効果になってしまうこともあります。

 

マッサージする際に、特に注意しなければならないのが力加減です。

 

ほうれい線を何とかとりたいという気持ちが強くて、ついつい力を入れてマッサージをしたくなるかもしれませんが、力を入れてマッサージをすると皮膚を伸ばし過ぎてしまい、かえってたるみやすくなってしまいます。
また、クリームなど何もつけていない状態でマッサージをしたり、クリームの量が少なかったり、滑りの悪いクリームを使用してマッサージをすると大きな摩擦が生じて、肌に大きな負担がかかってしまいます。

 

肌に大きな負担をかける方法でマッサージを続けていると、毛穴開きやほうれい線の悪化につながってしまいますし、シミやシワの原因にもつながってしまうので注意が必要です。

 

さらに、美顔ローラーを使う際も注意が必要です。

 

美顔ローラーはテレビを見ながらなど隙間時間にも手軽に使用することができて非常に便利なので、ほうれい線をとりたいという人のなかには、時間があれば美顔ローラーを使用しているという人もいるかもしれません。

 

しかし、あまり使用頻度が高すぎると肌に負担がかかりすぎてしまって逆効果となることもあるので、説明書などで適正な使用頻度や使用時間を確認し、その指示を守る必要があります。

 

 

 

 

・ほうれい線をとるためのおすすめのエクササイズ

 

ほうれい線がとれない人におすすめの取る方法、取り方の一つに、表情筋のエクササイズがあります。

 

先ほどマッサージもおすすめと紹介しましたが、肌の外側からだけではなく、内側の筋肉からも刺激を与えていくことで、より高い改善効果を期待することができるようになります。

 

 

表情筋のエクササイズの方法を紹介すると、まずは口角を左右どちらからでもいいので、片方に限界まで動かしてその状態で5秒間キープします。

 

5秒間キープしたら今度は、反対の方へ口角を限界まで動かしてまた5秒間キープします。

 

これを1セットとして1日3セットから5セット行ってみましょう。

 

口角をうまく動かすことができないという人は口角を動かす際に顎の骨のラインがしっかりと出るのを意識すると動かしやすくなります。

 

また、最初のうちはしっかりと口角を動かすことができているか、鏡で確認しながらエクササイズするのがおすすめです。

 

表情筋を普段あまり使っていない人や、食べ物を噛むときに片方でばかり噛んでいる人など正しく表情筋を使えていない人は、表情筋が動きにくくなってしまっていて、さらに表情筋を使わなくなるという悪循環に陥ってしまいがちです。

 

表情筋の衰えもほうれい線がとれない原因の一つなので、継続して表情筋のエクササイズを行なってみることをおすすめします。

 

ほうれい線の取り方では、専用のグッズに頼るのも良い方法です。

 

下記の記事に詳しく書いてありますので、ぜひ見てくださいね。

 

 

効果はどう?ヒアルロン酸針のテープでほうれい線改善!おすすめグッズ