これで決まり!辛いほうれい線の悩みを解消する方法

これで決まり!辛いほうれい線の悩みを解消する方法

これで決まり!辛いほうれい線の悩みを解消する方法

 

 

・ほうれい線の治療方法について

 

辛いほうれい線の悩みを抱えていて解消する方法を知りたいと思っている人はたくさんいると思います。

 

いろいろな情報を集めてほうれい線の悩みを解消する方法として、スキンケアやエクササイズなど良いと言われているものはいろいろ試したけど、思うような効果がなかったという人は、医療機関によるほうれい線治療を本格的に検討している人もいると思います。

 

ほうれい線の治療には種類があって、代表的な治療法はヒアルロン酸注射、高周波照射、糸の埋め込みや切開の3つの治療法になります。

 

 

・ヒアルロン酸注射、高周波照射、糸の埋め込みや切開の治療方法

 

ヒアルロン酸注射とは、文字通りヒアルロン酸を注射で肌に直接注入する方法です。

 

加齢と共に不足してしまうヒアルロン酸を肌に補給することで、肌の弾力を取り戻すことでほうれい線を解消する方法になります。

 

注射をする前に麻酔のクリームを使用するのが一般的なので、注射の痛みもそれほど心配する必要はありませんし、施術時間も非常に短いので負担も少ないです。

 

高周波照射自体も、10年以上前から使用されている施術方法なので、安心して施術を受けることができます。

 

 

 

 

 

 

高周波照射とは、真皮層に届く高周波を肌に照射してあえてヤケド状態をつくり、自然に傷を治そうする能力を活性化させる治療方法になります。

 

自然に傷を治す力が活性化されるとコラーゲンをたくさん作るようになるので、強制的に体内でつくられるコラーゲンを増やして、ほうれい線を解消する方法になります。

 

ヤケド状態をつくるというと怖いと思うかもしれませんが、肌の表面はヤケドしないように照射されますし、照射による痛みもほとんどありません。

 

しかし、肌の表面をヤケドしてしまったり、炎症を起こしてしまうリスクはゼロではないので、特に肌が弱い人はしっかりとカウンセリングを受けた上で治療を受けるかどうか判断する必要があります。

 

 

 

 

 

 

糸の埋め込みは、皮下組織に特殊な糸を挿入して皮膚をリフトアップさせてほうれい線を解消する方法になります。

 

単純に糸の反発力によってもリフトアップしますが、糸が皮下組織に刺激を与えることでコラーゲンが再生させる効果も期待できるので、その効果でもリフトアップすることが期待することができます。

 

糸を挿入することによる痛みや違和感を心配する人もいると思います。

 

糸を挿入されるので、どうしても違和感が生じてしまいますが、最近でも特殊な糸の進化によって、違和感も少なくなっています。

 

切開する場合は、耳回りを切開して皮膚の下の筋膜をリフトアップさせることでほうれい線を解消する方法です。

 

切開するので術後に痛みはありますが、1度の治療で10年くらいリフトアップ効果が持続するのを期待することができるという大きなメリットがあります。

 

 

 

下記の記事もほうれい線についてです。参考にしてくださいね。

 

 

ヒアルロン酸針のテープでほうれい線改善!おすすめグッズ

 

 

 

 

・ほうれい線治療の頻度や費用について

 

医療機関によるほうれい線治療は、辛いほうれい線の悩みを抱えている人にとって効果的な解消する方法になりますが、頻度や費用によっては大きな負担となってしまうかもしれません。

 

ヒアルロン酸注射の費用の相場は、3万から10万円くらいになります。

 

使用するヒアルロン酸の種類によって効果の持続力が異なってくるので1、2年持続するものもあれば、数ヶ月で効果が薄れるものもあります。

 

治療頻度は、その効果の持続期間に合わせることになります。

 

高周波照射は、照射機器によって1ヶ月くらいの頻度で行われることもあれば半年から1年くらい効果が持続し、年に1、2度の頻度ですむケースもあります。

 

こまめに治療を受けるケースでは1万円から5万円くらい、半年、一年と長期間効果が持続する治療であれば、10万から30万と高額となることもあります。

 

糸の埋込みは糸の種類によって異なりますが、10万から30万くらいが相場です。

 

結構高額になりますが、持続力は1年以上期待できます。