知っておきたい!やばいほうれい線を目立たなくするには

知っておきたい!やばいほうれい線を目立たなくするには

知っておきたい!やばいほうれい線を目立たなくするには

 

 

・ほうれい線ができやすい人の特徴

 

ほうれい線ができてしまってやばいと思っていて、「ほうれい線を目立たなくするどうしたら良いの?」と思っている人はたくさんいると思います。

 

ほうれい線を目立たなくするには、ほうれい線のできやすいタイプについて知ることも一つの方法です。

 

ほうれい線ができやすいタイプを知れば、そうならないように注意することで、ほうれい線の予防や改善につなげていくことができます。

 

ほうれい線ができやすくなるタイプとして、例えば日頃から目を酷使していて肩こりや首こりもひどいという人は、ほうれい線ができやすい人と言えるでしょう。

 

デスクワークで長時間同じ姿勢でいる人や、長時間スマホを眺めてうつむいているという人は注意が必要ですね。

 

日々の姿勢が原因でほうれい線になりやすくなるという点では、猫背の人や寝る時の姿勢が横向きだという人も、ほうれい線ができやすいタイプと言えます。

 

また、硬い食べ物を食べる機会が少ないとか、食べ物を噛むときに左右どちらか同じ方ばかり偏って使って噛んでいるという人も、ほうれい線ができやすいタイプになります。

 

こういった点は、日々の食生活で意識していくことで改善していくことが可能ですよね。

 

また、ダイエットで痩せたり太ったりを繰り返しているという人や、紫外線対策をしていない人、口呼吸をしている人などもほうれい線ができやすいタイプと言えるので、ほうれい線を目立たなくするには極端なダイエットを控えたり、しっかりと紫外線対策を行ったり、口だけで呼吸しないように意識するなどの努力が必要になってきます。

 

さらに、太ると顔に出やすいという人や、マスクを使用すると跡がなかなか消えないという人、洗顔するとつっぱり感がすごいという人などもほうれい線ができやすいタイプなので、今はまだほうれい線ができていないという人も、できるだけ早めにほうれい線の対策を行った方が良いでしょう。

 

 

 

 

・やばいほうれい線を目立たなくするにはお灸が効果的?

 

やばいほうれい線を目立たなくするには、お灸もおすすめです。

 

お灸というと、コリや神経痛などを改善するために使用するものというイメージが強いかもしれませんが、最近では美容目的で使用することも増えてきているのです。

 

ほうれい線にお灸がおすすめの理由は、お灸で温熱することで血液やリンパの流れを改善することができるからです。

 

血行不良となってリンパが滞ってしまうと、老廃物を体外へうまく排出できなくなってしまうので、むくみやたるみの原因となってしまいますし、真皮や表情筋などにじゅうぶんな栄養素が行き届かなくなってしまいます。
その血行不良を改善する方法として、お灸は効果的と言えるでしょう。

 

 

 

 

これまでお灸を使用したことがない人のなかには、ヤケドするのではないのかと心配する人や取扱いが難しいのではないかと思う人もいると思いますが、お灸の温度は肌を焼いてしまうほど高温ではありませんし、取扱いも非常に簡単で、自宅でも簡単に使用することができるので心配いりません。

 

また、ほうれい線を改善するためにお灸をするというと顔にお灸をのせると思うかもしれませんが、ほうれい線に効果のあるとされるツボは顔ではなく手足にあります。

 

顔ではなく手足にのせるのであれば、初めての人でも簡単にできそうだと思う人も多いのではないでしょうか。

 

最近では敏感肌の人でも使えるようなお灸もあるので、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、ほうれい線に効果のあるツボは、手の親指と人差し指の間のつけ根付近にある合谷(ごうこく)というツボや、足の親指のつけ根から外側の側面に移動させた部分にある大都(だいと)というツボ、足の人差し指と中指の間の延長線上にあって足の甲の中心付近にある陥谷(かんこく)などがあります。

 

 

下記の記事も参考までに見てくださいね。

 

 

ほうれい線の対策におすすめのグッズを紹介