効果的に!ほうれい線や小じわを改善する方法

効果的に!ほうれい線や小じわを改善する方法

効果的に!ほうれい線や小じわを改善する方法

 

 

・ほうれい線や小じわができる原因

 

ほうれい線や小じわができてしまうと、一気に老けた印象を与えてしまいます。

 

鏡を見たり写真に写った自分の顔を見たときに、いつの間にかほうれい線や小じわができてしまっているのに気が付いて、ショックを受けた人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

ほうれい線や小じわができてしまう原因は、加齢だと思っている人も多いと思います。

 

たしかに加齢によって肌がたるんでくることが、ほうれい線や小じわの大きな原因となるのは間違いありませんが、原因はそれだけではありません。

 

睡眠不足や喫煙、暴飲暴食など生活習慣の乱れが原因となることもありますし、眼精疲労やストレスなどが原因となることもあります。

 

また、無茶なダイエットが原因となることもあります。

 

このように、ほうれい線や小じわは加齢以外にも様々なものが原因となるので、若い世代でもほうれい線や小じわができてしまうこともあります。

 

 

 

 

・肩こりや首こりの解消が、ほうれい線や小じわの改善につながる?

 

気になるほうれい線や小じわを改善したいという人で、肩こりや首こりに悩んでいる人は、肩こりや首こりを解消することで改善することが期待することができます。

 

肩こりや首こりはほうれい線や小じわとはあまり関係なさそうだと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、肩こりや首こりで肩から首にかけての血液やリンパの流れが悪くなってしまうと、顔の血液やリンパの流れも悪くなってしまって、老廃物が溜まってしまいやすくなってしまいます。

 

その結果、顔がむくみやすくなり、頬や目のまわりがたるみやすくなって、ほうれい線や小じわができやすくなってしまいます。

 

家事やデスクワーク、パソコンやスマートフォンの操作などで肩こりや首こりに悩まされている人もたくさんいると思いますが、ほうれい線や小じわを改善していくためにも、首こりや肩こりの解消することも目指してみてはいかがでしょうか。

 

肩こり、首こりを解消するためには、主な原因となっているものに対策をとっていく必要があります。

 

デスクワークなどで長時間同じ姿勢になるという場合は、可能な範囲で小休止をして席を立ったり身体を動かしたりして、できるだけ同じ姿勢のまま長時間過ごすのを避けるように日頃から意識しましょう。

 

また、スマートフォンを何となく眺めている時間がたくさんあるという人は、できるだけ控えるようにして、その時間を肩や首のストレッチなどに費やしましょう。

 

 

 

 

・顔のストレッチでほうれい線や小じわを改善

 

肩こりや首こりを解消していくことで顔のむくみが緩和して、ほうれい線や小じわの改善につながるということを紹介しましたが、肩こりや首こりを解消していくと共に、顔の運動をすることで、さらに顔の血液やリンパの流れを良くなりほうれい線や小じわが改善していくことが期待できます。

 

 

 

 

次の記事も参考にしてみて下さいね。

 

 

ほうれい線の対策におすすめのグッズを紹介

 

 

 

 

ここでも簡単にできる顔の運動を紹介しますので、よかったら実践してみてくださいね。

 

まず、口の中に空気をいっぱい吸って頬を膨らませます。

 

頬がはっているのを感じることができるように、できるだけ頬を膨らますのがポイントです。

 

頬を膨らました状態で10秒くらいキープするのを2、3回繰り返します。

 

そして、「あいうえお」と順番に発声していきます。

 

このときに口を大げさに動かすのがポイントになります。

 

一文字あたり5秒くらいずつ時間をかけて口を動かしていき、これも2、3回繰り返します。

 

最後に舌の先を使って、口の中からほうれい線を押し上げます。

 

ゆっくりと押し上げて、一番押し上げた状態のまま5秒くらいキープして、またゆっくりと戻します。

 

これを左右行なって2、3回繰り返しましょう。

 

簡単な顔の運動ですが、これだけでも普段顔の筋肉を使っていない人は、筋肉がかたくなってしまっているのに気がつくことができると思います。