これは便利!ほうれい線のケアでおすすめの方法

これは便利!ほうれい線のケアでおすすめの方法

これは便利!ほうれい線のケアでおすすめの方法

 

 

・ほうれい線ができやすい生活習慣とは

 

ほうれい線を何とかしたいと思っている人はたくさんいると思いますし、いろいろなスキンケア商品を試してケアしている人も多いと思います。

 

しかし、ほうれい線のケアとして生活習慣を見直してみたことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

もちろん日々のスキンケアを行っていくことも大切ですが、生活習慣の乱れがほうれい線をできやすくしている可能性もあります。

 

ほうれい線を何とかしたいと思っている人で、最近生活習慣を見直していないという人は、ぜひ自分の日々の生活を振り返ってみることをおすすめします。

 

ほうれい線は睡眠不足や喫煙などによってもできやすくなりますし、ストレスも原因となることもあります。

 

忙しい日々を送っているなかで慢性的に睡眠不足になってしまっていたり、ストレスが溜まっている人もたくさんいると思います。

 

そういった人はほうれい線をできにくくするためにも、睡眠時間やストレスを解消するための時間を確保することができるように、日々の過ごし方を振り返ってみることをおすすめします。

 

また、喫煙している人は吸う量を減らしたり、思い切って禁煙してみるのも良いと思います。

 

このように、生活習慣を見直して改善することはほうれい線のケアにつながるだけではなく、健康的な身体をつくっていくことにもつながるので、ぜひ実践してみることをおすすめします。

 

 

 

 

・日頃の姿勢や食べ方を見直す

 

ほうれい線のケアとして生活習慣を見直すときは、ほうれい線ができやすい行動をしてしまっていないかも意識して見直すことが大切です。

 

例えば、うつむいている姿勢を長時間とっていると顔に大きな重力がかかってしまうので、ほうれい線ができやすくなります。

 

デスクワークなどでうつむいた状態になる時間が多いという人もたくさんいると思いますし、うつむいた状態で長時間スマートフォンを使用しているという人も多いでしょう。

 

そういった人は姿勢を改善したり、小休止をしてストレッチをしたりして、なるべくうつむいた状態になる時間を減らしていくことがほうれい線のケアにつながります。

 

また、猫背の人も自然とうつむいている状態になってしまうので、普段の姿勢を正すことも意識していきましょう。

 

また、食事を食べるときに自分の噛み方にも注目してみましょう。

 

左右どちらか片側の歯ばかりを使って噛んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

左右バランスの良い噛み方をしていないと、表情筋を正しく使うことができなくて頬がたるみやすくなったり、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

左右どちらかのほうれい線だけ特に濃かったり、長いという場合は、噛み方が大きな原因となっている可能性があります。

 

自分の噛み方をチェックして、今日からでも正しく噛んで表情筋をしっかりと使っていく習慣をつけていきましょう。

 

 

 

 

・歯ブラシを使ったエクササイズでほうれい線のケアを

 

日常生活を見直すだけではなく、他にもほうれい線のケア方法を知りたいという人に、歯ブラシを使ったエクササイズを一つ紹介したいと思います。

 

歯ブラシを使ったエクササイズは歯を磨く時についでに行うことができますし、歯みがきと一緒に習慣にしてしまえば、継続してエクササイズすることも苦にならないと思うので、非常におすすめです。

 

歯ブラシを使ったエクササイズは、まず、歯ブラシをくわえたまま口をすぼめて10秒くらいキープします。

 

そして歯ブラシの裏の部分を頬の裏にあてた状態で、ほうれい線の部分が伸びるようにゆっくり上下に動かします。

 

このエクササイズなら誰でも簡単にできると思いますし、短時間でエクササイズすることができるので、ほうれい線が気になる人はぜひ実践してみてください。

 

 

次の記事もほうれい線に関してです。チェックしてくださいね。

 

 

ほうれい線の対策におすすめのグッズを紹介