劇的改善!すごい目立つほうれい線の対処法

劇的改善!すごい目立つほうれい線の対処法

劇的改善!すごい目立つほうれい線の対処法

 

 

・年齢別に合った対処法を知ろう

 

うっすらとほうれい線が出ているのをそのままにしていると、次第にすごい目立つほうれい線になってしまいます。

 

ほうれい線がすごい目立つようになってしまうと、見た目年齢が一気に5歳から10歳くらい上がってしまいますよね。

 

すごい目立つほうれい線を対処していくためには、大きな原因となっているものを把握する必要があります。

 

ほうれい線の原因は年齢によっても異なってくるので、年齢別の原因を把握して、その原因に合った対処法をとる必要があります。

 

 

・20代のほうれい線の主な原因や対処法

 

20代というと、すごい目立つほうれい線とは無縁の年代というイメージをもっている人もたくさんいると思いますが、姿勢の悪さや無茶なダイエット、保湿ケアや紫外線ケアを怠ったことによる肌の乾燥などで、20代でもほうれい線ができてしまうことがあります。

 

また、食生活の乱れや睡眠不足など生活習慣の乱れが原因となることもあります。

 

よって20代のほうれい線対処法は、保湿ケアや紫外線ケアをしっかり行って、生活習慣を改善することが基本になります。

 

今はまだすごい目立つというほどではないという人でも30代、40代になったときのためにも、今のうちにしっかりと対処しておきましょう。

 

 

 

 

・30代のほうれい線の主な原因や対処法

 

30代のほうれい線も20代と同じように、保湿ケアや紫外線ケアの怠りや生活習慣の乱れなどが主な原因となります。

 

よって、毎日の保湿ケアや紫外線ケア、生活習慣の見直しや改善することが対処法の基本になります。

 

しかし、30代の後半になると体内でコラーゲンやセラミドなどが生成する量が減少していくので、これまで以上に保湿対策を行う必要が出てきます。

 

また、皮下脂肪の肥大化によるほうれい線も出てくる年代となるので、日々の食生活や適度な運動など、日々の積み重ねで代謝を上げていくことも大切になります。

 

運動を取り入れるのであれば、脂肪を効率よく燃焼させることができる有酸素運動がおすすめです。

 

しかし、最初は血中の脂肪が燃焼されるので、有酸素運動によって皮下脂肪が燃焼され始めるのは20分後くらいからになります。

 

よって有酸素運動によって皮下脂肪を燃焼させるためには、20分以上の有酸素運動が必要になります。

 

 

・40代のほうれい線の主な原因や対処法

 

40代になると肌の機能や筋力も低下してくるため、表情筋の衰えや皮下脂肪の肥大化、皮下組織や真皮の衰えなどが主な原因となります。

 

よって、エイジングエアの化粧品を使ったケアなども必要となってきます。

 

また、表情筋のエクササイズを行うことも効果的な対処法です。

 

表情筋を上にあげるエクササイズや口角を左右に動かすエクササイズなどを行って、表情筋を意識して動かし、頬をリフトアップしていくことを目指していきましょう。

 

エクササイズのときだけではなく、普段の生活でもできるだけ表情筋を意識して動かす習慣をつけることもおすすめです。

 

また、日々のケアの怠りや生活習慣の乱れも原因となりうるため、若い頃に引き続き紫外線ケアや保湿ケアを日々行って、規則正しい生活を送ることを意識することも大切になります。

 

 

 

 

・50代以上のほうれい線の主な原因や対処法

 

50代を超えると、40代の頃の主な原因である表情筋の衰えや皮下脂肪の肥大化、皮下組織や真皮の衰えがさらに進んでしまいます。

 

ほうれい線も長く深くなるだけではなく、2本、3本と分線ができたりもするケースが多くなります。

 

さらに顎付近にもたるみやシワが出てくるケースが増えてきます。

 

よって50代以上のほうれい線の対処法は、40代までに行うべきケアに加えて、顎周辺もしっかりとケアしていく必要があります。

 

 

ほうれい線対策として、下記の記事も参考にしてくださいね。

 

 

ヒアルロン酸針のテープでほうれい線改善!おすすめグッズ